書籍の棚から

つり人社書籍編集長Oがお送りする折々のおすすめ単行本情報。 内容はもちろん、本のオビや自社広告には書けなかったこと、 制作現場のコボレ話などを交えて紹介していきます。新刊だけが本じゃない! ときどきの息抜きコラム「今週のちょっと寄り道」もどうぞ。

2011年12月

2011年に生まれた単行本たち


多くの人にとって、特別な意味をもつ年になった2011年も,
あと数日を残すのみとなりました。

さて!
つり人社書籍編集部から今年はどんな本が
生まれたのか、ちょっと振り返ってみますね。

ちなみに長いです。覚悟!アチョーッ。

2011年2月
tenkara

『超明快レベルラインテンカラ』
石垣尚男 著
A5判並製128P 定価:1575円(税込)


書籍編集部の2011年はこの本から始まりました。

「毛バリをパッと打って、ガッと合わせれば釣れる」
テンカラの特徴をよくあらわした、かつ著者の石垣さんらしい
キャッチフレーズが印象的です。




逃がした魚

『逃がした魚は大きかった…。渓魚アユ編』
つり人社書籍編集部 編
四六判並製184P 定価:998円(税込)


月刊『つり人』の好評企画をまとめた1冊。
編集していて、名手たちのこうした体験談は、
つくづく「宝の山」だと実感しました。
本書を読むと、ここぞというときに起きる失敗には、
ある種の共通項が存在することに気がつきます。


2011年3月
img-Z28103757-0001img-Z28103757-0001

『友釣り無双 小澤剛の鮎戦術』
小澤 剛 著
B5判並製144P 定価:1890円(税込)


なんか写真が大きくならないので2冊載せてみました(笑)。
つり人編集部スタッフS君が担当してくれた本です。
著者の小澤剛さんは、メジャートーナメントを総なめにし、
「現代最強」と称される友釣りマン。
本のカバーに記された「最強のアユ釣り教書」の文字は、
飾り文句ではなく真実です。
現代最先端の友釣り技術の結晶をご一読ください!


syakusyaku

『日本尺名渓』
丸山 剛 著
A5判並製144P 定価:1680円(税込)


つり人別冊『渓流』などで、長年源流写真を撮り続けてきた
著者の集大成ともいえる一冊。
「天然、大イワナの楽園」。この言葉の真意は、
ご一読いただければ本書がただのガイドブックではないことと
ともに、きっとお分かりになっていただけると思います。
「尺イワナ地図」も楽しいですけれどネ。


2011年4月
img-Z28103950-0001img-Z28103950-0001

『コントロールド・フライキャスティング』
東 知憲 著
A4変形判144P 定価:2625円(税込)


『FlyFisher』滝・前編集長が全身全霊をかけて担当した
究極のフライキャスティング教書。
著者・東さんの「フライロッドのティップをコントロールする」という
明確なコンセプトのもと、最高レベルのアカデミックな解説が
展開されています。エクセレント!


2011年5月
img-518112319-0001

『北海道の鱒釣り』
奥本昌夫 著
A5判並製272P 定価:1890円(税込)


帯付きでどうぞ。久々の北海道本。
『FlyFisher』『North Angler's』などで優れたフィールドエッセイを
綴られている奥本さん渾身の処女作。最初はいくつかの連載をまとめて…
という割りに軽いノリだったのが、終わってみればほとんど書き下ろしに
近い作業に。それでも必死で奥本さんは原稿を書き切りました。
そして人生でも「奥様」という大魚を手に(釣られた、という別情報も…)。
掛け値なしによい本です。



2011年6月

img-622123300-0001

『バス釣りがある日突然上手くなる』
青木大介 著
四六判並製144P 定価:998円(税込)


バスの本を作るうえで最大の壁、それは著者候補の方が
トーナメントなどで超多忙なこと。
若手バスプロの雄、青木大介さんももちろんその一人でしたが、
ドトウの勢いで原稿を書き切ってくださいました。感謝!
バスフィッシング上達の貴重な「果実」が詰まってます。


img-622123248-0001

『アジング・メバリングがある日突然上手くなる』
LEON 加来 匠 著
四六判並製144P 定価:998円


この月は人気の「壁を破る超常識シリーズ」が2冊も出ました。
そして、「忙しさ」では、この方も負けてはいません…。
しかしLEONさんの筆力(ふでぢから、と読ませたい)、強し。
アジングの第一人者初の書き下ろし単行本!


2011年8月

sss

『うさぎ美味しい、かの山』
LEON 加来 匠 著
四六判並製192P 定価:1470円(税込)


こちらも帯付きでどうぞ!
月刊『つり人』の好評連載を、同タイトルで一冊にまとめました。
釣りやアウトドアのエッセイ・小説って、なかなか陽が当たらない。
でも、担当編集者として、また本好きの一人として、
これだけは声を大にしていわせてください。
「この本は本当に面白い!」
「だまされたと思って一度読んでみてください!!!」


suzu

『東日本大震災を生き抜く』
鈴子陽一 著
四六判並製128P 定価:998円(税込)


2011年3月11日。この日起こったことは、
多くの人たちの記憶に深く刻み込まれ、
そしてそこから続いた激動の日々とともに
語り継がれていくことでしょう。

つり人社に入って約20年、
こういう本を作る日が訪れるとは、
夢にも思いませんでした。
著者の鈴子さんにとってもそれは同じだったと思います。
若い頃はアユ友釣りトーナメンターとして全国区で大活躍し、
故郷の釜石に戻られてからは実家の整骨院を継ぎ、
楽しい東北アウトドア釣りライフを満喫されていた鈴子さん。
そんな毎日が3月11日を境に一変しました。

車のバッテリーや懐中電灯で灯した明かりの下で書き綴った、
あるいは書き殴った震災の日記。そのとき、被災地では
何が起きていたのか。現地の人は何を思い、どう行動したのか。
ここにその生々しい記録があります。
(これも帯付きの状態です)


2011年10月
egi-cover

『エギングがある日突然上手くなる』
弓削和夫 著
四六判並製144P 定価:998円


壁を破る超常識シリーズ、
「ツ抜け」はコーラとユーミンをこよなく愛するアングラー、
弓削さんのイカした一冊、エギング本です!
弓削さんならではの、ほんわか〜とした語り口調の中に、
キラリと光るエギングの真実がてんこ盛り。
かめばかむほど味の出る、いえ読めば読むほどエギングの
奥深い世界に気付かされる一冊です。

img-X17120241-0001

『海ルアーのトリセツ』
つり人社書籍編集部 編
A5判並製128P 定価:1260円(税込)


弊社のベストセラー『結びのトリセツ 海釣り編』、
『結びのトリセツ 川釣り編』を意識した、
その海ルアー版ともいえる本です。
ビギナーにはフクザツ極まりない海ルアーの数々を、
超分かりやすくタイプ別にまとめ、解説しています。
ターゲット別早分かりルアータイプ検索も便利!


(はぁはぁ…だんだん疲れてきました…あともうちょっと…
しかし、誰だよこんなに本作ったの…オレだ…orz)


2011年11月
img-Y22170406-0001

『ロックフィッシュゲームがある日突然上手くなる』
佐藤文紀 著
四六判並製144P 定価:998円


ルアーメーカー「プロズワン」を
立ち上げたロックフィッシュアングラー・佐藤さんにとって、
この本は特別な、本当に特別な意味をもつ本になりました。
津波で被災した石巻市の自宅。
波に浸かって一度はダメになってしまった原稿データ。
明日をも知れない避難所暮らしの日々。
「必ず、原稿をもう一度書きますから待っていてください」
と言って、そこから約半年かけて完成させたのが本書です。

『ロックフィッシュゲームがある日突然上手くなる』は、
佐藤さんにとっては震災と津波被害からのカムバックの証であり、
希望の灯でもあります。
もちろん、純粋に釣りの本としても極めて完成度の高い、
ノウハウの凝縮された一冊であることに間違いありません。


img-Y25151457-0001

『2012年 東京芝浦標準 潮時表』

毎秋作るポケットサイズの潮時表。
今年は目に鮮やかなグリーン&ブルー。
潮回りや干満の潮位、タイドグラフ等が載っています。
首都圏にお住まいの釣り人には特に便利です。


2011年12月
img-Z16121523-0001img-Z16121523-0001

『タナゴ ポケット図鑑』
熊谷正裕・葛島一美 著
B6変形判160P 定価:2310円(税込)


あー!やっと大トリです。
つい先日発売になったばかりの最新刊。
さすがに詳しい説明は不要かと思いますが、
ひと言だけ言い添えますと、
「持っているだけでなんだかうれしくなる」そんな図鑑です(笑)。


…というわけで、以上、
弊社から2011年に発売された単行本を振り返ってみました。

長!





























『タナゴ ポケット図鑑』発売開始です!

img-Z16121523-0001

『タナゴ ポケット図鑑』
熊谷正裕・葛島一美 著
B6変形判160P全カラー 定価2310円(税込)

長らくお待たせいたしました!
本日より弊社WEBいいつり人ドットジェーピーにて
お買い求めいただけます。

こちらからどうぞ!
↓  ↓  ↓
『タナゴ ポケット図鑑』


『タナゴ ポケット図鑑』著者の「My best tanago photo」は?

img-Z16121523-0001

『タナゴ ポケット図鑑』
熊谷正裕・葛島一美 著
B6判変形160P全カラー
定価:2310円(税込)


本日は、著者のお二人に
「ところで、本の中で一番気に入っているタナゴの写真はどれですか?」
とおたずねしてみました。

熊谷さんは、タナゴ(通称マタナゴ)の項目で登場する
産卵期のオスの写真とのこと。
尻ビレの外縁部は真っ白、そして腹部が漆黒になっている
婚姻色の見事な個体で、

「ここまで婚姻色の出たタナゴのオスの写真は従来の図鑑では
見たことがありません」(熊谷)

そしてもうひとつ、ゼニタナゴの項目の1点も挙げられました。
デカイんです、この個体がまた…。10cmもあるんですよ。
今は保護エリアになっているので、ということで特別エントリーでした。


一方、葛島さんはどうかというと、
「アブラボテ!!」と即答。
その中でもベストは?とおたずねすると、
岡山県で釣ったオスの写真が掲載されているのですが、
その1点とのこと。
葛島さんは霞ヶ浦水系でのオカメ釣りに長年親しまれてきたので
ちょっと意外でしたが、

「アブラボテって、一目で分かるし、オスの個体の違いもいろいろ楽しめます。
それに、非産卵期でも独特のヌメッとした感じは失われず、
全シーズンをとおしてきれいなんですよね。僕にも簡単に釣れるし(笑)」

最後のひと言は謙遜だと思いますが、
お二人の答えがはっきりと分かれたのが面白かったですね〜。
そういった意味では、本書は釣り人・鑑賞者という2つの視点が
融合してできた、類を見ない個性の図鑑に仕上がっていると思います!

発売…あともうちょっとだけお待ちください!
(だれかサンタクロースのおみやげ袋に混ぜてくれないかしら。笑)

『タナゴ ポケット図鑑』発売日の行方は…!

img-Z16121523-0001

『タナゴ ポケット図鑑』(熊谷正裕・葛島一美 著)
B6変形判並製160P全カラー
定価:2310円(税込)

さてさて、何度もご紹介しているこの本ですが、
弊社WEBでは12月26日(月)から
お買い求めいただけるように作業を進めているところです!

当日になりましたら、ぜひこちら、
いいつり人ドットジェーピー
をのぞいてみてください。

もちろん全国の書店、釣具店、WEB書店さん等でも発売されますので、
お求めやすいところからどうぞ〜。


『タナゴ ポケット図鑑』に収録されたタナゴは何尾?

img-Z16121523-0001

『タナゴ ポケット図鑑』
熊谷正裕・葛島一美 著
B6変形判160P全カラー
定価:2310円(税込)

いよいよ今週末より発売開始!
弊社WEBにも近く登場します。

ところでこの『タナゴ ポケット図鑑』には、
いったい何尾のタナゴが入っているのか…?
そんなことを突然思いついて、数えてみました。

その結果、
なんと約160尾!ものタナゴたちが
収載されていることが判明。


「約」と書いたのは、
1枚の写真に複数のタナゴが写っていても、
写真1点=1尾として数えたため。
img-Z19122344-0001
img-Z19122252-0001
こういうのも「1尾」として数えたわけです。
ですから大真面目にもっと細かく数えていったら
200尾は楽に超えるでしょう。

ちなみに、「一緒に釣れる魚たち」と題して、
タナゴ類以外に37種の魚たちも登場するので、
本全体での写真点数は、すさまじいことになっています。

いやはや自分でいうのもなんですがこの本、お買い得です。
記事検索
QRコード
QRコード
TagCloud
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ