書籍の棚から

つり人社書籍編集長Oがお送りする折々のおすすめ単行本情報。 内容はもちろん、本のオビや自社広告には書けなかったこと、 制作現場のコボレ話などを交えて紹介していきます。新刊だけが本じゃない! ときどきの息抜きコラム「今週のちょっと寄り道」もどうぞ。

2010年03月

新渓流ルアー入門    宇野章則


img-318112212-0001


おはようございます!
出来立てのホヤホヤ新刊、
「新渓流ルアー入門」です。

手っ取り早く、現物の目次をご紹介しましょう。
写真をクリックしていただけると大きくなります。
img-318112710-0001
img-318112731-0001
例によって現物をスキャンしてるので折り目が
見えるのはご勘弁を。
中身は、たとえばこんな感じです。
img-318112811-0001
基本、見開き構成で非常にわかりやすいです。

この本のミソはなんといっても、書名に記した
「新」
の一文字、これであります。
雑誌やフィールドではすでにメジャーになっている
「渓流ミノーイング」
これを、きっちり体系化して解説しているのです。
だから、「新」
もちろん、それらのなかでのスピナー、スプーンの
出番についても言及しています。

著者は、「鱒の森」の実質的な編集者兼ライター、
宇野章則さん。
img-318112323-0001「鱒の森」もよろしく!

なので、内容の確かさは折り紙付きです!
なにも担当だから言うわけじゃないですが、
いや担当だから言うんですが、
いやいや、誰が読んでもきっと
「これで税込1575円は”買い”ですよ」
そう思ってくださるはず。
それだけの中身がある本です。

本日(3/18木)弊社に見本が入ってきたばかりなので、
来週後半には、全国の書店や釣具店、また弊社HPでも
お買い求めいただけると思います。
ぜひ、お問い合わせください。

新渓流ルアー入門
宇野章則 著
A5判並製144P
定価:1575円(税込)


今週の(ややフライング気味ながら)イチ押し度★★★
早くも21世紀の渓流ルアー・バイブル本度★★★
メップスおじさんにも読みやすい度★★
(★3つで最高)

釣り具CLASSICOモノ語り  葛島一美

0-0001

実に…実に久しぶりの「今週のピカイチ本」であります。
今回ご紹介しますこの本は、
「平成の竹竿職人」
「続・平成の竹竿職人 焼き印の顔」
とともに、著者の三部作と呼ばれるものです。

カバーの写真。
下町の釣り好きなオジサンが
「今さっき釣りから帰ってきて、軒先に洗った桶魚籠と
手ぬぐいを干したところ」
といった情緒が漂ってますね。
でも、これだけでは内容が伝わりにくいかも
しれないので、今回はちょっと大サービス。
本を開いてスキャンしてるのでちょっとナンですが、
こんな感じの本です。
(写真はクリックすると大きくなります)

2-0001

7-0001

7-0001
6-0001

最近、ちまたで秘かに熱いブームを起こしている
「和の釣り」。
その道具たちがオールカラーで、これでもかと
いうほどのボリュームで紹介されています。

年配の方は「ああ、懐かしいな」と思われるかも
しれません。
逆に若い方には、職人の手造りならではの手触り感が、
今ならきっと伝わるはず。
もちろんお好きな方には垂涎もの(ウヒヒヒヒ、あ失礼)の
逸品、珍品が続々登場!
すばらしいのは、登場する道具たちの多くは、まだまだ
現役(!)でファンに使われ続けているというこの事実。

この本は、まさに「和の釣り具のおもちゃ箱」です。


お求めはこちらから(ただ今ほぼ全国送料無料!)
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
釣り具CLASSICO(クラシコ)モノ語り
葛島一美 著
B5変形判160P全カラー
定価2625円(税込)



久しぶりに今週のピカイチ度★★★
眺めるだけでもワクワク度★★
使い込まれた道具に漂う品格度★★★
(★3つで最高)

尺ヤマメのオンパレード!な本を作ってます

AAA

編集作業がてんてこ舞いで更新をすっかりサボっていました!

当コーナーの数少ない読者の皆様、大変申し訳ありません。

さて。
いきなりの尺ヤマメ写真。
今、この本にかかりきりであります。
写真を撮ったのは秋田の本漆塗りバンブーロッド・ビルダー
渋谷直人さん。
もちろん、釣られたのもご本人です。
こんな尺ヤマメがバンバカ釣れる、いや載ってる、
いや実際に渋谷さんご自身が釣っている魚なので
バンバカ釣れているわけですが、
そのノウハウ=尺ヤマメをしかもねらって、
ドライフライで釣るための解説を1冊にまとめられました。

その名も、
「尺ヤマメの戦術」
まず、写真を見て仰天。
ためいきついたら、
今度は解説をじっくり読んで納得。
はっきりいって超弩級の「トンデモ本」です。

4月中旬発売目差して、ただいま奮闘中!

乞うご期待。

アマゾン(ネット通販)で、つり人社の本が売り上げランキング1,2,3位独占!


No.1
「渓流釣りがある日突然上手くなる」
白滝治郎 著

No.2
「ザ・ギャンブルフィッシング−世界記録バスに憑かれた釣り師たち」
モンテ・バーク著/伊藤宗道 訳

No.3
「アユ釣りがある日突然上手くなる」
鈴木康友 著

3月4日(午前11時50分)現在。
新刊の売れ行きは…と気になってアマゾンをさっきのぞいて
みたら、なんと上記の3冊が「釣り」部門
売り上げランキングNo.1,2,3を独占!!!していました。
素晴らしい!

「〜がある日突然上手くなる」シリーズは、
3月下旬に「フライフィッシング」バージョンが出ます。
今しばらくおまちください。
また、「ザ・ギャンブルフィッシング」は昨年5月に出版した
本ですが、未だにこの人気!価値ある本は、廃れません。

ああ。今日は朝(もう昼ですけど)からイイことあるなあ。

記事検索
QRコード
QRコード
TagCloud
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ